うつ病になってしまったら障害年金を活用しよう

サイトメニュー

うつの治療

女性

うつ病の原因

うつ病の原因については多くの説がありますが、まだ解明されてはいません。うつ病が発症すると、脳の働きに関与する神経物質のセロトニンや、ノルアドレナリンがうまく分泌されなくなってしまっている状態であるとする説や、副腎皮質からコルチゾールが過剰に分布つされてしまうため、とする説などがあります。ここで大切なのは、心を司る人体の部位は脳であるということです。うつ病発症者に対して誤った対応をしてしまう人の多くが、一見すると外傷のないうつ病者に対して「前を向いて進もう」「病は気からだよ」などという言葉やアドバイスを重ねてしまいます。精神を司っているのは脳であり、その脳に悪い変化が見られているのであれば、外傷が見られる患者と同じように精神論で治るものではありません。「心の病」はいわば脳の病なのです。多くの場合、うつ病は大きなストレスを受けたり、環境の変化によって発症してしまうと考えられていますが、こうしたケースごとの原因を突き止めることで、ストレスの根源を断つことにも繋がり、治療において重要になっています。

うつ病の治療方法

うつ病は、精神的に疲労が続いたせいでエネルギーが枯れてしまった状態です。だからこそ、うつ病治療において最も大切なのは、十分に休養することなのです。適切に休養することで、エネルギーを回復させ、ストレスから脱する事ができます。そして、同時並行して行わなければいけないのが薬物療法です。世間的には、精神病治療薬に対して嫌悪感を示す方も多くいますが、摂取量や薬の種類を間違えなければ何も問題ありません。むしろ、一切の投薬を断るほうが、治療のテンポを大幅に遅らせることになり、周囲に迷惑をかけてしまうのです。けがや身体的な病を治すために投薬治療を行うのであれば、脳の病気に対して投薬治療を行うのも当然だと言えるでしょう。そして、これらの「休養」や「薬物療法」を適切な配分にするために医師が行うのがカウンセリングです。患者本人であれば、全てにおいて悲観的になってしまって、治療どころではなくなることがよくあります。家族であれば、無理やり患者を動かそうとすることによって病状が悪化することがよくあります。うつ病治療の予定を組み立ててくれるのが、医師によるカウンセリングなのです。治療の予定が決まり、休養が長期間必要、となった場合には、仕事も長期間休むことになります。その間の収入はないですから、金銭的な面での不安がおおきくなってしまいますよね。そこで活用して欲しいのが障害年金なのです。休養中はゆったりと心を休める必要があります。症状の重さなどによって、支給される額に変化がありますが、障害年金の審査が通れば、休養時の金銭的な不安や負担は軽くなります。

Copyright© 2019 うつ病になってしまったら障害年金を活用しよう All Rights Reserved.