うつ病になってしまったら障害年金を活用しよう

サイトメニュー

障害年金について

女性

障害年金とは

まず、障害年金というのは、病気やケガが原因で、働くことができなくなった、日常生活に支障がでる、などと言った障害が認められた際に支給される年金の一つです。障害年金を受給するための必要条件はいくつかあります。中でも、初めて医師の診断を受けたとされる初診日が重要になってきます。障害年金は初診日から1年6ヶ月が経過してから、受給の対象となります。また、保険料の納付率も関係しています。障害年金の申請は複雑で難しく、手続きに必要な書類がたくさんあります。申請には手間と時間がかかりますが、上手く申請できずに障害年金が支給されない、ということも少なくはありません。うつ病は、障害年金の支給対象内ではありますが、症状を数値化することが難しい病気であるため、申請が難しくなってしまいます。そのため、支給額が本来の額よりも少なくなってしまうことや、申請が通らない、ということも珍しくはありません。このようなことを避けるためには、自分で障害年金の申請を行なうのではなく、障害年金専門の社会保険労務士などに相談すると良いでしょう。専門的な知識を持っている方にお任せすることができれば、失敗のリスクはかなり減ります。

Copyright© 2019 うつ病になってしまったら障害年金を活用しよう All Rights Reserved.