うつ病になってしまったら障害年金を活用しよう

サイトメニュー

うつ病とはなにか

医療

代表的な精神病の一つであるうつ病ですが、具体的にはどういった状態であるか知っておくことで、もし身近に発症者がいる場合は、焦らず対応し、何よりも理解してあげましょう。障害年金についても、学んでおくことで金銭面での負担を減らすことができます。

詳しく見る

うつの治療

女性

身近な人がうつ病になってしまったときは、どういった治療を行うのでしょうか。一般的に、うつ病治療は、医師とのカウンセリングを行いながら、十分な休養と投薬治療を行っていきます。休養の際に金銭的な面でのサポートとして、障害年金を活用しましょう。

詳しく見る

周りの対応

葉っぱ

もしも身近な人がうつ病を発症したら、どう対応すればよいかわからず混乱してしまいます。夫や妻や友人がうつ病を発症したときに、どのように接していけば良いのでしょうか。また、障害年金はどのタイミングで利用することができるのでしょうか。

詳しく見る

障害年金について

女性

これまで、うつ病について詳しく話してきましたが、障害年金についtも詳しく解説していこうと思います。うつ病を発症してしまった場合には、障害年金を活用して、十分な休養ができるように備えておきましょう。

詳しく見る

もっとも身近な精神病

女性

うつ病とはどのような病気か

社会的にも勤勉な性格の日本人は精神疾患にもかかりやすいと言われています。精神疾患の多くは早期対策を行うことで回復し社会復帰も可能になりますが、対応が遅れてしまうと後遺症も残ってしまい、さらに再発の可能性も大きくなってしまいます。もし自分や身近な人に精神的な異常が出ているのならチェックリストをなどで調べ、早めに対策をとっていきましょう。ここでは代表的な精神病の、うつ病について解説していきます。精神病の多くは本人でも気づかない場合がありますが、うつ病は自分でもわかるサインを見つけることによって早期に発見し、対策することが可能です。例えば、常に悲観的で、自分を責め続けてしまう。何をしていてもすぐに疲れ、気力がほとんど出ないので何もやる気が出ない。以前と比べて食欲がない、またはかなり増えた。酒や煙草を多く消費するようになった。など、このような症状が出るとうつ病の可能性があります。うつ病は障害年金の受給対象になっています。障害年金を受給するためには条件がありますが、そこをクリアしていれば、障害年金を受給することができます。症状に思い当たりのある方は、早めに専門医にかかり、障害年金を受給できるように、準備を進めておきましょう。

うつ病とは違う精神病

うつ病以外にも、精神病はたくさん存在しています。統合失調症やパニック障害も身近な病気です。統合失調症は、ネットで「統失」などと悪い呼ばれ方もされていますが、確率としては100人に一人はかかると言われています。発症することで「誰かが自分を攻撃している」など、根拠のない妄想と幻覚に取り憑かれてしまいます。本人は精神に異常をきたしているので、自身を省みることができません。非常に自分では気づきにくい疾患となっています。うつ病と同じように早期発見・早期治療を行うことができれば、再発を予防することができますし、社会復帰も可能となりますが、治療が長引けば長引くほど、社会的な後遺症が残ってしまいます。パニック障害では、身体的な不調として動悸や発汗、頻脈、息苦しさ、めまい、不快感があり、「死んでしまうのではないか」といった強い不安感に襲われてしまいます。これらの症状に当てはまるようであれば、うつ病との症状の兆候を見極めて、正しい治療が行えるようにする必要があります。心療内科や精神科を受診しましょう。

人気記事

医療

うつ病とはなにか

代表的な精神病の一つであるうつ病ですが、具体的にはどういった状態であるか知っておくことで、もし身近に発症者がいる場合は、焦らず対応し、何よりも理解してあげましょう。障害年金についても、学んでおくことで金銭面での負担を減らすことができます。

詳しく見る

女性

うつの治療

身近な人がうつ病になってしまったときは、どういった治療を行うのでしょうか。一般的に、うつ病治療は、医師とのカウンセリングを行いながら、十分な休養と投薬治療を行っていきます。休養の際に金銭的な面でのサポートとして、障害年金を活用しましょう。

詳しく見る

葉っぱ

周りの対応

もしも身近な人がうつ病を発症したら、どう対応すればよいかわからず混乱してしまいます。夫や妻や友人がうつ病を発症したときに、どのように接していけば良いのでしょうか。また、障害年金はどのタイミングで利用することができるのでしょうか。

詳しく見る

女性

障害年金について

これまで、うつ病について詳しく話してきましたが、障害年金についtも詳しく解説していこうと思います。うつ病を発症してしまった場合には、障害年金を活用して、十分な休養ができるように備えておきましょう。

詳しく見る

Copyright© 2019 うつ病になってしまったら障害年金を活用しよう All Rights Reserved.